スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/3/11_狂武士@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

またこの至福のときがやって参りました!
自分の中で狂武士さんといえば、HEAVEN'S DOOR!!
~始まる前に~ 
 三軒茶屋に到着し、地上へ出ると
肌にささるような霙の様な雪が舞い散っていた。
忠臣蔵の赤穂浪士が出陣したときも雪が降っていたそうだ。
そんな事を連想しながら歩んでいくと、これから起こる出来事に期待が膨らみ、テンションがあがって来る。
 活気ある路地を入り”HEAVEN'S DOOR”の看板の下をくぐる。
熱気を感じながら、薄暗い地下へ降りる。
受付で諭吉さんを出すと”おつりがありません”の一言。
なに!叩き斬りたい気分に!とは心の中で思いつつ、おつりを作るため
一旦地上へ・・・
~とそんな事がありつつついに本番~
 テンションが底なしのように上がり続ける黄金パターン
”充血”⇒”走馬灯”コンボ炸裂。
これは何回聞いても何回でも聞きたくなります。
天上まで響き渡らんばかりのデスボイスからの叩き斬る様なブレイク連発!
そこから勢いがとまらず、叫び続け最後に吐血するかのような叫びで曲が
終わるとそのままアクセントが入れ替わるスネア連打がさらにテンションを
引き上げて次の曲へ。
イントロでのブイレクがさらに雰囲気をかき立てる。
MCのあとは、なんとここで”孤島の南”!
ゆったりと流れるかとおもいきや、倍速になるこの曲も何度聴いても
飽きません。
今回はBメロ(自分の中で)でまた半分の速さになるのですが、この流れが
すんごく気持ちよくて完全に自分の世界入っちゃってました。
体の芯に揺さぶりをかけて来る音が最高でした。
低音、高音、声、打音全てが一体化した音が一つのグルーブに
はまった感覚を受けました。
そのまま”我レ、願フ”へ
ゆっくりと誰かに歩みよるような低音が響いたあと、全てを否定するかのような叫び声と共に全員の想いをぶつけてくる演奏。
ゆったりとした流れの中に、ひそむ願いが見え隠れして徐々に蓄積をし、
爆発する印象を受けました。最後に余韻を残し終わる。
自分のイメージだと願いは叶ってはいないんだろうなと思います。
そして”武士道”
重いんだけど疾風のごとく切りつけてくる高音と低音が、今回は馬に
乗っている武士のイメージを受けました。
ブレイクはまさに一閃。乾坤一擲。
ニの太刀はないジゲン流(漢字忘れました)を思い出しました。
次々と敵を探し回り、斬って行く。
今日もどこまでも斬っていき自分の命尽きるまで斬りかかってました。
MCを挟んで、”SSRI”
今まで何回も書いてます。あえて書きたい!
狂武士さんの曲はイントロギターリフが印象的です。
自分は2年前の4月の四谷アウトブレイク(忘れられない日)で初めて聞いたとき一発でイントロのリフは覚えてしまいました。(弾けませんが)
SSRIもインパクトがあってイントロから最後までテンションが上がることが
あっても下がる事はないですね。
イントロから密教の呪文のような歌が流れる中、お寺でなる規則的な木魚の
音を思い出させるリズムで低音がなり響き、そこに怪しげでもの寂しげな
高音が流れる。
そこから体が自然と浮き上がってしまう裏を意識させる
フレーズへ移行したかと思いきやこちらを煽るかをような
毎回シンコペーションするリズム変わる。
一番はその途中一発ブレイクします。
このブイレクに魂を感じるんです。
自分も楽器やってるのでこういうブレイク出来るようになりたいと思います。
そして最後は余韻を残すアウトロギターリフへと。
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ります。
最後の曲”解放”
その名の通り、気分が極限まで解放されます。
書くとベタですけど聞けばわかりますよ。
自分はこのジャンル大好きなので、おおはまりです。
本当にそれまでのストレスがゼロにリセットされますので。
ポップでロックな曲。
やっぱりイントロギターリフが印象的(何回も書いてますが!)
細かい16分を感じながら聞くとなおさら気分が爽快になります。
脈絡ないですが、終わった後のビールが美味しい!!
ではでは失礼!



スポンサーサイト

2/15狂武士@東高円寺LosAngelesClub


241さんから15日に狂武士やりますメール!
 うをぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
 一気に海底から昇宙!大気圏を突破し、体中の血が沸騰し爆発するほど
テンション上がりました!
 
 5ケ月ぶりですよ!どれほど待ちわびたか!!
銀河系で一番狂武士を待ち望んでいました!
 気がはやって早く新宿に着いたので、落ち着くために歩いて東高円寺へ。
18時15分にロスに着。
 早速一杯アサヒビールをあおり、1バンド目さんから鑑賞。
次にモルツを飲んで、キリンを飲んでやっぱりモルツを飲んで飲んで飲んで
4バンド目が狂武士!!
 
 1曲目”充血”
 もうね。血が凝縮していくようなギターイントロ始まった瞬間からテンション1000%!
甲高いけど、重いスネアの音で血がはじけ飛ぶけどやっぱりそのまま沸騰がとまりません。
今まで、音源とかなら良く聴いてましたけどやっぱ生ライブが一番DEATH!
 少し落ち着いたと思わせて、全力全開のブレイクでは頭の中真っ白になるくらい
さらにテンションあがりました。
 
 投げっぱなしジャーマンスープレックスばりの終わり方をかました直後にスネア
から始まる走馬灯!
 加速的にあがっていくなか一気に楽器隊が加わると、まさにカオス!
キメでは何も考えなくても体が反応しちゃいます。
 個人的イメージとしては、やはり落ち着くかと思いきや最後は激しく死ぬ!
みたいな感じですっきりするんですよね~
 
 そして定番のMCから始まる”解放”
241さんがジャンプして演奏する姿に、さらにあがりました。
個人的には狂武士きってのポップナンバー
飛んで跳ねて、踊って楽しい曲!
ギターリフが好きで単純と言われてるけど、だからこそ演奏力が問われる部分だと
思います。イントロも最後も期待と緊張でドキドキします。
 
 ”S・S・R・I”も格好良いギターイントロから始まる曲。
それぞれの展開が全て好きで、体を打ち抜かれる様な音圧を浴びて、裏を意識した
16ビートで体を浮ついた所に今度はシンコーペションで一気に前ノリになりブレイク!
これはトンじゃいますね。そしてラストまで持っていった跡にはやっぱり死ぬ!というイメージがつきまとう静かな余韻を残した終焉。良禽の刺青をした屍が転がっている気がするんですよ。
 
 まだまだ勢いが止まりません。次は狂武士だけに”武士道”
普通殺陣って最初は睨みあいから徐々に入っていくじゃないですか?一般的に。
この曲はいきなり全力で斬り殺す感じで、考える間もなく狂武士の世界に引き込まれます。自分のイメージでは、
「俺に守りなんかいらない、斬られたらしょうがないじゃん。けどただではやられない!」
 先なんか考えず、ただ現在のこの一瞬に全てを賭けてると感じるんですよね。
最後まで全開で、やっぱり最後は死ぬ!けどこの曲は切腹のイメージが強いですね。
 
 ラストは”このみ”(孤島の南)(以下個人的にイメージ。)
イントロは船でゆっくりと孤島に近づいていくような雰囲気で着いた瞬間に
いきなり事件が発生かのようなブレイクとともに、次々と災難がふりかかる。
休む間もない展開。わけがわからないまま彷徨うと、より不気味な雰囲気にあたりがつつまれて、その不安な気持ちが徐々にふくらんで爆発しちゃうんです。
けど、実は何も無くてすごく幸せな気持ちなるんですが、実は最初に着いた時既に
死んでいた。という感じなんです。この曲も大好きで要所要所のブレイクが心地良いんです。
 終わった後の充足感が足元から込み上げて来て、余韻を忘れないうちにビールをあおる。
 トリが終わったあとも、残っている方々と近くで飲みました。すっごく楽しくて
もっと飲んで話していたかったですが楽しい瞬間は光の様。一瞬ですね。
 こんだけ楽しくて、プレオープンらしいので
 3/11の三軒茶屋HEAVEN'S DOORは更に楽しみです。
また心地よい空気と雰囲気と絵が得られそうです。 
 

1/25 napping pucca@吉祥寺クレッシェンド

pucca1
ライブ前にこの日は自分のミスがあり個人的にへこんでました。
しかし、napping puccaさん見て心地好く楽しい雰囲気になれました。
今年一発目は去年から着実に進化を感じました。始まった瞬間にあっという間に不思議で心暖まる雰囲気に包まれました。
ハートフルなメロディに幻想的なギター、抑揚のあるドラムと個性溢れるベースが混ざりあう空間はまさしくnapping puccaそのものでした。
自分はダンスフロアという曲が一番好きなんですけど、心地好い緩さのギターから始まりスタッカートのついたドラムそして厚みとボトムを支えるベースが入ったらそこはまさしくダンスフロア。
日常の雑踏なんか消し去って一瞬でnapping puccaの世界へ浸れました。
ラストはこの楽しい空間を名残惜しみような余韻を残すように終わる。また次も楽しみです。

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
読んでくださった方、今年も宜しくお願い致します。
去年は思えば、たくさんの思い出ができた年でした。
今年は、更に攻められる所は攻めて充実できる年にしていきたいです。
早い段階で、ネットを自宅に引いて色々とはき出していきたいなぁと思います。
もっとポジティブにもっと楽しく!
頑張って参りたいです。

9月10日 狂武士 @三軒茶屋ヘブンズドア

 ぁあ~、やって来ました!私の中でも”俺の時間”狂武士のライブDEATH!
セットリストは以下の通り。
1.充血
2.走馬灯
3.武士道
4.我
5.SSRI
6.解放
7.このみ
 この日は、ヘブンズにしては珍しく低音弱めの高音強めに感じました。
相変わらずスネアの抜け方が気持ち良いため、充血のギターイントロからスネア入った瞬間、
完全にきまっちゃいました。高音強めだと、充血、SSRI、解放のギターが映えるので
また違う楽しみが味わえて、蓮璽で例えるならしょぱめかなぁと思いきや、マイルドな味に遭遇した感じです(ぉ

 まっつんの歌は今回、前回よりせつな激しさを感じた。なんだろう魂を感じるというか、
歌い上げる気持ちの表情が多彩と書けばいいのかなぁ。とにかく情緒豊かなんです!気持ちよく酔えました。
 そぉして、大ちゃんのベース好きだなぁ~
ドラムと雰囲気が合う事を感じれる事は俺はなかなかないんです。
色々なバンド見てきてうまい人はいくらでもいるけど、グルーブでてるなぁって思えるの事があまりなくて、
まぁ曲を知りすぎている事もあるかもしれないけど、決めて欲しいとこでばしっと決めてくる大ちゃんのベースは俺にとっては今日も心地よくて23日も楽しみなんです!とにかく!
(もうアップが当日になってしまいましたが・・・)
 俺はドラムやってるんで、ドラムばかり聴くんですが、それなのにあまりに音とフレーズが多彩なので
耳に自然馴染んで来るのが241さんのギター。
狂武士独特のフレーズを踏襲しつつ、オリジナル要素をミックスさせて魅せてくれる。
 人のライブを見に行って、自分がギターを聞くようなったのは、ぶっちゃけ狂武士が初なんです。
(CDならギターソロとか良く聞きますけどね)
 初代狂武士ギタリストさんのフレーズがインパクトが強くて、
去年は充血、SSRI、解放、かいたくなどはメガ君のイントロギターに魅入ってましたね。
変な話し、昔はドラムの人の表情とか気になって、ギターが弾いてるのにその時ドラマーはどんな顔をしているのか気になって、ドラマーばかり見てましたよ。以前は(ぉ
 今回も厚みと重みが心地良くて、一番きまくりだったのは、武士道ですね。
イントロから最後の最後まで、まっつんの躍動感、まおさんの疾走感、241さんのギターの衝撃感に大ちゃんの重激感はたまんないです。
例えるならハンマーで殴られた感じ。
たぶん本気じゃないと思うんですけど、木のハンマーで殴られたことあるんです。そんな感じです。
 全体的にやっぱ、まおさんのドラム心地良い~~
走馬灯のイントロはいわずもがな!
このみのイントロもこれから始まる感じが来て、出だしでしっかりインパクト出せるのが毎回感心してます。
 やるたびにパワーアップしていて、毎回気持ちよすぎです。
今月は仕事忙しいけど、ライブは観たいからその分休日働きます!!
ではでは、失礼!




 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

とおなDr

Author:とおなDr
 気ままなブログにようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。