FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/15狂武士@東高円寺LosAngelesClub


241さんから15日に狂武士やりますメール!
 うをぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
 一気に海底から昇宙!大気圏を突破し、体中の血が沸騰し爆発するほど
テンション上がりました!
 
 5ケ月ぶりですよ!どれほど待ちわびたか!!
銀河系で一番狂武士を待ち望んでいました!
 気がはやって早く新宿に着いたので、落ち着くために歩いて東高円寺へ。
18時15分にロスに着。
 早速一杯アサヒビールをあおり、1バンド目さんから鑑賞。
次にモルツを飲んで、キリンを飲んでやっぱりモルツを飲んで飲んで飲んで
4バンド目が狂武士!!
 
 1曲目”充血”
 もうね。血が凝縮していくようなギターイントロ始まった瞬間からテンション1000%!
甲高いけど、重いスネアの音で血がはじけ飛ぶけどやっぱりそのまま沸騰がとまりません。
今まで、音源とかなら良く聴いてましたけどやっぱ生ライブが一番DEATH!
 少し落ち着いたと思わせて、全力全開のブレイクでは頭の中真っ白になるくらい
さらにテンションあがりました。
 
 投げっぱなしジャーマンスープレックスばりの終わり方をかました直後にスネア
から始まる走馬灯!
 加速的にあがっていくなか一気に楽器隊が加わると、まさにカオス!
キメでは何も考えなくても体が反応しちゃいます。
 個人的イメージとしては、やはり落ち着くかと思いきや最後は激しく死ぬ!
みたいな感じですっきりするんですよね~
 
 そして定番のMCから始まる”解放”
241さんがジャンプして演奏する姿に、さらにあがりました。
個人的には狂武士きってのポップナンバー
飛んで跳ねて、踊って楽しい曲!
ギターリフが好きで単純と言われてるけど、だからこそ演奏力が問われる部分だと
思います。イントロも最後も期待と緊張でドキドキします。
 
 ”S・S・R・I”も格好良いギターイントロから始まる曲。
それぞれの展開が全て好きで、体を打ち抜かれる様な音圧を浴びて、裏を意識した
16ビートで体を浮ついた所に今度はシンコーペションで一気に前ノリになりブレイク!
これはトンじゃいますね。そしてラストまで持っていった跡にはやっぱり死ぬ!というイメージがつきまとう静かな余韻を残した終焉。良禽の刺青をした屍が転がっている気がするんですよ。
 
 まだまだ勢いが止まりません。次は狂武士だけに”武士道”
普通殺陣って最初は睨みあいから徐々に入っていくじゃないですか?一般的に。
この曲はいきなり全力で斬り殺す感じで、考える間もなく狂武士の世界に引き込まれます。自分のイメージでは、
「俺に守りなんかいらない、斬られたらしょうがないじゃん。けどただではやられない!」
 先なんか考えず、ただ現在のこの一瞬に全てを賭けてると感じるんですよね。
最後まで全開で、やっぱり最後は死ぬ!けどこの曲は切腹のイメージが強いですね。
 
 ラストは”このみ”(孤島の南)(以下個人的にイメージ。)
イントロは船でゆっくりと孤島に近づいていくような雰囲気で着いた瞬間に
いきなり事件が発生かのようなブレイクとともに、次々と災難がふりかかる。
休む間もない展開。わけがわからないまま彷徨うと、より不気味な雰囲気にあたりがつつまれて、その不安な気持ちが徐々にふくらんで爆発しちゃうんです。
けど、実は何も無くてすごく幸せな気持ちなるんですが、実は最初に着いた時既に
死んでいた。という感じなんです。この曲も大好きで要所要所のブレイクが心地良いんです。
 終わった後の充足感が足元から込み上げて来て、余韻を忘れないうちにビールをあおる。
 トリが終わったあとも、残っている方々と近くで飲みました。すっごく楽しくて
もっと飲んで話していたかったですが楽しい瞬間は光の様。一瞬ですね。
 こんだけ楽しくて、プレオープンらしいので
 3/11の三軒茶屋HEAVEN'S DOORは更に楽しみです。
また心地よい空気と雰囲気と絵が得られそうです。 
 
スポンサーサイト

コメント

すげぇ・・・

さすがカリスマ客(笑)

毎回ありがとうね~☆

3/11もがんがります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

とおなDr

Author:とおなDr
 気ままなブログにようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。